シルデナフィル配合薬は病院処方だと高い?

シルデナフィル配合薬は病院処方だと高い?

シルディナフィルはバイアグラの有効成分であり、バイアグラは勃起不全、EDを改善する薬です。

処方せん薬となっているためにドラッグストアなどでは購入する事は出来ず、手に入れたいのであれば病院へ行った上で処方してもらう必要があります。

病院で処方してもらうとなると、病気や怪我であれば通常は治療するのに保険が適用されるので保険証があれば自己負担はほんの一部で済みます。

ただ、バイアグラの様な勃起不全を治療するのには保険の適用が認められていないために全額自己負担となります。

そのために今までは安く手に入れたいのであればジェネリックを手に入れる必要があり、ジェネリックを手に入れるには日本では未承認であったために個人輸入代行の通販サイトで購入するのが一般的な方法となっていました。

しかし、それも2014年には事情が変わりました。

それまではバイアグラの特許が有効であったために日本ではジェネリックが存在していなかったのですが、2014年には特許が切れた事によってバイアグラのジェネリックが登場するようになりました。

それによってジェネリックを選択すれば、病院でもバイアグラを購入する場合よりも安く手に入れる事は可能となりました。

ただ、通販サイトと比べて病院で手に入れる場合の価格に差がなくなったのかというとそういう訳ではないです。

バイアグラのジェネリックは確かに日本でも登場したのですが、価格で海外製のジェネリックと比べてみると依然として高いために安いシルディナフィル配合薬を求めるならば海外製のジェネリックを選択した方がお得になるという状況は変わらないのです。

ただ、安全性では病院の方が安心であり、価格もある程度安くはなっているので以前よりは病院を選択した際の負担を減らす事は出来るようになってはいます。